僕の心理学勉強日記

現役大学生と学ぶ本当の心理学

心理学の勉強

こんにちは、いきなり少し更新が遅れてしまい申し訳ないです。

皆様はゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか。

もしかしたら授業や勤務のある方も多いかもしれませんね。お疲れ様です。ちなみに僕はみんなとワイワイとどこかに遊びに行ったり飲みに行ったりするのはあまり好きじゃないほうです。なんとまぁ大学生らしくない大学生なわけでございます。体を動かすより図書館でゆったりと本やら漫画やら、読んだりするのが好きです。ただだらだらしたいだけの人間ですね。好きな漫画は「田中くんはいつもけだるげ」です。

あぁ大学に入って一番びっくりしたのが図書館の広さですよね。本当に驚愕しました。

何だあれ。あんなものが1学生に与えられていいものかと。

とまぁ大人数でワイワイウェイウェイするのがあまり''すきではない''というだけであって別に嫌いなわけでもないんですがね。ワイワイウェイウェイしたらしたで楽しめるんだろうと思います。中途半端な奴です。けど基本的には少人数でおしゃべりがいいですね。お酒とか飲みながら。みんなそうでしょうか?あっ、まだ飲めないですよ?「未成年」ですから。煙草もね。煙草は成人しても吸いたいとは思わないです。煙草を吸う人の心理とかも勉強してみたいですね。

あぁちなみに「禁煙」にかかわる心理学の領域もあるみたいです。それはまたできたら後程紹介してみたいです。まだ勉強していませんから。

とまぁこの辺で閑話休題、本題に入りましょう。

心理学って何を勉強すればいいんだろう

心理学って何を勉強するんですかね?僕もまだイマイチ理解できていないです。

とにかく絶対にわかっていることは、

「心理学」というのは一概念であって、その中で無数の領域に分かれている。

ということです。

意味わかりますかね?

例えばこんな言葉を聞いたことがあるでしょうか。

犯罪心理学」「教育心理学」「認知心理学」「社会心理学」「臨床心理学」「発達心理学」etc...

どれか1つでも、1度でも見たこと聞いたことがあるはずです。特に有名なのが「臨床心理学」とか「社会心理学」とかですかね。

社会心理学なんかは「心理学部」と「社会学部心理学科」にわかれている大学なんかがあったりして、他の心理学とごっちゃになっちゃっていることもありますね。

お気づきでしょうが全くの別物です。

社会学部」の中で勉強をする「心理学」は大方「社会心理学」を勉強をするものだと思っていただいて大丈夫だと思います。

より広い領域を勉強してみたい方は心理学部に通うことをお勧めしますよ。僕も迷いましたね。よく考えて決めてください。

おっと、ここは進路指導のサイトではありませんでしたね。失礼しました。すぐ話がそれる質なもので。

と、このように心理学の中にも様々なジャンルが分かれています。簡単に言えばこれらの心理学はそうですね、応用心理学とでも呼びましょうかね。実際に現実の問題を解決するよう心理学を応用した領域です。応用されている現場はそれぞれ違いますが、根底にある基礎は同じです。これが基礎心理学と呼びましょう。明確な呼び方の区別はありませんよ。僕がそう呼んでいるだけです。

科学には基礎部門と応用部門がありますよね。それと同じです。大学の1回生で学ぶのは大方この基礎のほうの心理学のようです。まだ数回しか授業を受けていないので何とも言えないのですが、はっきりと申し上げましょう。

ぜんっっっっっっっっぜんおもしろくない!!!!!

全然面白くないです。ひたすら小難しい話が続きます。授業を起きているのに必死です。あっちなみに僕は講義系の授業もちゃんと前のほうの席で受ける意識高い系まじめちゃんです。教授に覚えられようと必死なんですう...

とにかく!1回生のうちは心理学なの?これ哲学じゃね?つまんねーブラウザバックポチーってなることが多くなりそうなんですが、心理学を勉強するにはきっと必要なことだと思いますので、よかったら読んでください。ほら、フロイトとかなんかそんなん好きでしょう。

一緒に勉強しましょう!