僕の心理学勉強日記

現役大学生と学ぶ本当の心理学

【心理学の勉強】正と負の強化?罰?なんだ?それ

こんにちは、将です。

今日もブログをご覧になっていただきありがとうございます(^ ^)
前回、前々回と、心理学的に言う「学習」について勉強しましたね。拙すぎる文章に皆様は目を背けたくなっていたことでしょう…心中お察しします。

学習の仕組みというのが古典的条件付けとオペラント条件付けでした。他にも様々な学習の仕組みがあるみたいですがまだ習っていないので(ココ重要!!)、今日は人間も含め学習をする上で欠かせない「強化」「罰」という概念についてお話ししたいと思います。概念と聞くとなんだか固く捉えてしまい、難しいことなんじゃないかって思うかもしれませんがそんなことはありません。いたってシンプルなことです。

強化とは

それでは早速強化についてお話しします。古典的条件付けとオペラント条件付けでは定義が若干違います。
古典的条件付けの犬の例をとりましょう。メトロノームを見せただけで唾液を分泌させるため、犬に餌とメトロノームを同時に掲示していましたよね。あの餌を与える行為を「強化」と言います。つまり条件刺激と無条件刺激を同時に掲示することを強化というのです。
それではオペラント条件付けで強化に値する物は何でしょうか。オペラント条件付けというのはネズミがレバーを引く頻度を上げるため、レバーを引くと餌が出てくる仕組みでしたね。この餌を与える行為が「強化」になります。ついつい夜中にチョコレートを食べてしまうのはチョコレートの美味しさに「強化」されているのかもしれませんよ(笑)オペラント条件付けでは、状況と行動と結果の結びつきを強め、行動頻度を高めるために報酬を与える行為が強化になります。
いずれの条件付けもご褒美の側面があるのがわかりますか?定義は異なりますが要するにご褒美のことを言うんですね。

罰とは?

次に罰に説明を。罰は名前からなんとなくわかりますね…
罰です!!!

すみません真面目にやります。これも古典的条件付けとオペラント条件付けでは意味が変わります。ぼんやりと、なんとなくは理解いただけると思うんですが、古典的条件付けではアルバート坊やの例が良いでしょうか。アルバート坊やについてはこちらの記事を参照してください。

psychosyo.hatenablog.com

恐怖感を植えつけられる大きな音が「罰」にあたります。他には、そうですね。夜の学校に1人で入るとゾッとします。これは「夜の学校=幽霊・お化け・七不思議などなど」といったイメージが頭にインプットされているから生じるものです。テレビで夜の学校の怪談話を見る行為が「罰」になりますね。

オペラント条件付けではネズミがレバーを引いた時、電流を流してみるとそれが「罰」になります。ネズミはレバーを引く頻度が下がります。悪いことをした子供のおやつを抜きにする行為も「罰」といいますね。
ざっと紹介しましたが、こんな感じです。
古典的条件付けの罰は役割自体は強化と変わりがないように思えるかもしれませんが、オペラント条件付けにおける罰は強化とは真逆の役割を果たしていることが分かりますね。

正の強化、負の強化、正の罰、負の罰

さて、ここからが少し難しいかもしれません。というか僕には難しかったです。

強化と罰にはそれぞれ正のものと負のものがあります。

正の強化は餌をやる。お小遣いをやる。などです。

負の強化は恐怖心が和らぐ。警戒心がなくなる。などでしょうか。

正の罰はお尻を叩く。電流を流す。など。

負の罰はお小遣いを減らす。遊んでやらない。おやつを抜く。などになります。

ここで一番重要なポイントになることが、負の強化は罰ではない、という点になります。逆に正の罰も強化ではないということですね。強化は正負にかかわらず「ご褒美」と覚えておいて間違いはないと思います。

どうやって見分けるの?

さて、正と負の違いですが。文字通りのことなんです。「与えられる」か「減らされる」かです。前者か正、後者が負になります。負の強化の場合、恐怖心が「減らされて」いますね。おなじく正の罰もお尻を叩かれる痛みを「与えられる」ということになるわけです。

少し難しいかもしれませんがそのうち慣れてくるものなんだと思います。日常生活でもこんなことを考えてみると面白いですよ(笑)いろんなことに使えるかも・・・

犬だけじゃなく人間のしつけにも条件付けという要素は必要不可欠です。何気なく行っている行為も実は条件付けで身についたものなのかもしれません!
今回は、学習の要素について勉強しました。次回は学習の発展バージョンを勉強してみたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

Hatena