読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の心理学勉強日記

現役大学生と学ぶ本当の心理学

【心理学の勉強】覚醒【メンタルトレーニング】

書き出しにいつも困る。

こんにちは、将です。

いまだに文体が安定しないです。

僕は金曜日に授業が1つもないので、三連休になります。

今日はこの後バイトに行って、あぁ明日から学校だぁぁぁとなるわけです。

覚醒俺

僕は基本的に家で静かにしているのが好きなので、連休だろうが何だろうがどこかへ遊びにいくことはめったに、めったにありません。まれにはありますが(笑)。

世間一般的な大学生はどうなんだろう。あ、まぁ僕も世間一般的な大学生ですが、どこかへ行ったりするものだろうか。

心理学に覚醒という概念があります。以前の記事で紹介した内在的動機を思い出してほしいんですが、ええ、刺激がないと人間死んじゃうってやつ。じゃあどれくらい退屈なら死ぬ、っていう基準は人間共通なのかといわれると全くそうではないですよね。

僕みたいに家で静かにしているほうが好きな人もいればわちゃわちゃとスノボやら海やら行くほうが好きな人もいる。

同じなわけがない。人によって基準は異なってきますね。一方の極を睡眠とし、もう一方の極を超興奮とした場合、この基準を覚醒最適基準といいます。僕は限りなく睡眠に近い位置に最適覚醒基準があると思います。

最適覚醒基準の決定

どうやったら、きまるのか。

わかりません(笑)。

先天的なものかもしれないし、後天的なものかもしれない。

親の育て方かもしれない。

親の育て方のせいにしているのかもしれない。

もう、スゴク「嫌われる勇気」に影響されています(笑)。

どっちが正しいのかなんてわかりませんね。人それぞれ信じているものが違うんですから。

自分がこういう性格なのは親のせいなのだ、というのは簡単だけど、そこから何も解決策は生まれてきませんよね。別に僕はもうこの性格を受け入れているつもりなので、今さら変えようとは思いませんが、もし変えたいと思う場合、最適覚醒基準に限った話ではありませんが、何か自分を変えたいと思うのなら自分の考えを変える以外方法はないでしょう。

あがり

一般に、この最適覚醒基準は少し興奮くらいが一番パフォーマンスがよくなるといわれています。しかし興奮しすぎるのはよくありません。俗に「あがり」と呼ばれているやつですね。

僕は小学生のころ剣道をしていたんですが、本当に緊張する子でした。特に初戦なんかひどいもの。初戦を勝ち抜けば2戦目以降はそれなりにいい動きができていたらしいんですが、当時の僕にそんなことはわかりませんね。「あがり」までいってしまった覚醒基準が初戦の相手に勝利したことで少し下がったのでしょう。人によってはさらに上がるかもしれませんね。

力みすぎるのはよくないというのはこういうことです。メンタルをコントロールするスキルがいかに大切なのか、スポーツ経験のある方ならば心当たりがあるのではないでしょうか?

まとめ

人によって落ち着ける環境は変わってくる!その基準は自分の意志で変えられる...かもしれない。

スポーツ心理学でも勉強してみようかな。

それでは!

Hatena